加熱式新タバコ

煙草の煙を嫌がる女性のイラスト

細かく刻んだタバコの葉を紙に巻き、ぎっしり詰めたものを口にくわえ、先端に火をつけて煙を吸う……と、タバコの葉に含有されたニコチンが煙と一緒に体内に入って刺激とリラクゼーションを与えてくれる……それが従来のタバコでしたが、米フィリップモリスが開発し、日本でも2015年に販売されたIQOSはまったく違う仕組みでニコチンによる刺激&リラクゼーションを与えてくれます。
IQOSは、ヒートスティックと呼ばれるタバコスティックをホルダーに差し込み、ホルダーのスイッチを入れてスティックを加熱することでニコチンを摂取できるようにした新タバコです。ホルダーで加熱することでニコチンを含んだ蒸気を吸い込むことになります。
IQOSを使って「喫煙」している姿は、ちょっとした未来的なデザインのパイプを使って喫煙しているような感じですが、口から吐きだすのは煙ではなく水蒸気。火も使わないので火事の心配はなし。不意に振り返ったせいでとなりの人の肩にタバコの先がぶつかって火傷させちゃう、なんてこともありません。

こう書くと、「煙が出ないなんて……タバコを吸うときのガツン!というあの味わいはあるのか」と疑問に思う人もいるでしょう。
確かにタバコの味わい、その魅力のひとつは「キック感」と呼ばれる喉にグッとくるあの感覚であり、それは煙が出るタバコであるからこそ感じられるもの、というイメージをお持ちの人も多いでしょう。
しかしその点で心配する必要はありません。IQOSは肺を黒く汚すタールを9割カットすることに成功し、かつ喉にガツンとキック感を与えるニコチンの量は1割カットにとどめ、しっかり従来の味わい、その魅力をキープしているのです。